江別審美歯科 (29).jpg

審美歯科 セラミック治療の種類

APPLE DENTAL

審美歯科 セラミック治療の種類

オールセラミック治療

内側外側、全てがセラミック

オールセラミック治療とは、全てがセラミックでできた詰め物や被せ物を利用する治療方法のことです。白さの度合いの調整だけではなく、光が当たったときの色味なども考えて天然歯により近い質感を表現できます。また、内側・外側が全てセラミックでできているため、耐久性が高く寿命が長いことも大きな特徴です。歯周病やむし歯などのリスクも低減できるため、総合的に考えて最もプレミアムな審美治療といえるでしょう。

ハイブリッドセラミック治療

プラスチックに少しのセラミック

2014年から保険適応となったセラミック治療です。レジンと呼ばれる保険診療で使われるプラスチックの素材とセラミックを混ぜ合わせた素材を利用します。審美性・機能性・費用の全てにおいてレジンだけの治療とセラミックだけの治療の中間に位置します。状況によって内側に金属を使用することもあります。歯科医院によってはハイブリッドレジンと呼ぶこともあります。

メタルセラミック治療

内側は金属、外側はセラミック

表面はオールセラミック治療と同じくセラミック素材を使用しますが、強度や耐久性、またはコストを考えて内側に金属を使用した治療です。内側が金属であることから審美性はオールメタリックよりも劣る可能性があります。また、金属アレルギーの人には使用できないのもデメリットの一つと言えます。