江別審美歯科 (29).jpg

審美歯科 セラミック治療とは

APPLE DENTAL

審美歯科 セラミック治療

天然歯に近い質感で自然な笑顔を

セラミック治療とは、歯の欠損を補う詰め物・被せ物として、天然の歯と色や質感などがよく似た「セラミック素材」を用いる治療のことです。セラミック素材は、保険診療で用いられる金属やプラスチックの詰め物・被せ物に比べ、自然で美しい見た目を再現することができます。また、耐久性もよく将来的に歯周病や周囲の歯にむし歯が生じるリスクを抑える効果もあります。セラミック治療にはさまざまなタイプがあり、求める美しさや予算に合わせて選択することができます。

審美歯科 セラミックとは

天然歯に最も近い人工歯

セラミックとは陶磁器などの焼き物に使用される素材のことです。さまざまな種類の無機物を加熱処理して作られています。セラミックが一般的になる前は歯の欠損を埋めるための詰め物・被せ物の素材は金属やプラスチックがほとんどでした。金属やプラスチックを用いた治療は見た目の美しさ(審美性)が損なわれるケースがあり「人前で口を開けられない」「歯を出して笑えない」といった悩みのタネになることがあるため、セラミックをはじめとした歯科材料は日夜研究され発展しています。

審美歯科 セラミックの美しさ

違和感のない自然な美しさ

セラミックの最大のメリットは「見た目の美しさ」です。セラミックは、天然の歯に近い色調を持ち、光沢や透明感、質感なども天然の歯と似た性質を再現できます。 金属や不自然な白さのあるプラスチックの詰め物・被せ物とは異なり、一目で「歯の治療をしている」と分かりにくいので、患者様が目指す美しさを表現することができます。特に目につきやすい前歯に使用する場合は天然の歯との色調を可能な限り揃える必要があるため、色味を見極める能力や加工技術によって結果が異なります。

審美歯科 セラミックの機能

しなやかで固い

セラミックは審美性だけでなく機能性も非常に優れており、保険適用のプラスチックよりも遥かに固くすり減りにくい素材です。さらに保険適用のプラスチックのような経年的な劣化が少なく、美しさを持続することができます。以前は強度が低く割れやすかったため内側を金属で補強して使っていたので天然歯特有の透明感を表現することが難しかったですが、セラミック自体の強度や美しさが向上したことや歯とセラミックを接着する技術が進歩したことによりセラミックだけで長持ちするようになりました。