江別審美歯科 (29).jpg

審美歯科 セラミック治療の長所短所

APPLE DENTAL

審美歯科 セラミックのメリット

見た目の美しさ

セラミック治療の最大のメリットは「見た目の美しさ・自然さ」です。セラミック素材は色味や透明度、ツルツルとした質感などが天然の歯と非常によく似ています。オールセラミック治療というセラミックのみで詰め物や被せ物を製作する治療法であれば、一見しただけでは天然歯か人工歯か判断するのは困難です。保険診療で用いられるプラスチック(レジン)や、そのプラスチックとセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドセラミックという素材も白色の素材ですが、天然歯やオールセラミックと比べると不自然な白さです。

劣化しにくい

近年のセラミック素材は昔と比べて強度が高くなっています。それは粒子が細かくなり粒子同士の密着度が高まったためです。また、素材自体の改良に加えて天然歯との接着技術も進歩しており、セラミック治療の寿命は高くなっています。保険診療で用いられるプラスチックとセラミックを比較すると、プラスチックはセラミックより柔らかいので摩耗してしまいます。また、セラミックは変色しにくい素材ですがプラスチックは月日を重ねるごとに変色してしまいます。

むし歯になりにくい

セラミックはプラスチックや金属に比べ歯にしっかりと密着するので天然の歯と詰め物・被せ物のすき間から汚れが入りづらく、内部でむし歯が発生してしまう二次むし歯のリスクを低くすることができます。この素材による密着の違いは、セラミックは歯科用接着剤と化学的結合により強く接着するのに対し、プラスチックや金属は物理的にくっついているだけであるためです。更にセラミックは劣化しにくいため変形によって隙間ができることも防げます。

金属アレルギーの方でも安心して使用できる

詰め物・被せ物で使用する金属はお口の中で徐々に劣化して金属イオンとして溶け出します。溶け出した金属イオンのほとんどは尿や汗などで排泄されますが、わずかに残った金属イオンは体内に残ります。体内に残った金属イオンはお口の中の粘膜や消化管から吸収され、唾液や血液などのタンパク質と結合してアレルゲン(抗原)となり、血流に乗って全身に運ばれます。その結果、金属アレルギー症状を引き起こします。詰め物・被せ物に金属を使わずセラミックを使用することで金属アレルギーの症状を回避することができます。

審美歯科 セラミックのデメリット

強い衝撃で割れることがある

セラミックは一般的に金属やプラスチックの詰め物や被せ物よりも寿命は長いと考えられています。セラミックは毎日の咀嚼などの衝撃に耐えうる強度を持つように加工されて作り上げられいるのですが、ある一定方向に強い力が加わるとパカっと割れてしまうこともあります。

歯を広く削らなければならない

セラミックの詰め物や被せ物は十分な強度を維持するため、通常の金属やプラスチックの詰め物や被せ物よりも厚く大きくなります。そのため、セラミックの詰め物や被せ物を埋め込むためには広範囲に歯を削る必要があることも珍しくありません。

費用が高額になることがある

セラミックのデメリットを2つご紹介しましたが、最も大きなデメリットは治療費の高さといっても過言ではありません。セラミックは優れた審美性や機能性を持ちますが、残念ながら保険診療の範囲では使用できないのが現状です。